お盆の連休ですねぇ。もう気づいたら金曜日、あと休みも数日残すのみとなりました・・・
世間は、オリンピックでわしょ~いですが
そんななかで、がんばってCentOS使いになろう!
と意気込んではみたものの・・・
結果は、SELinuxの壁によって、あれこれいじってるうちに
接続が確認できていた、Httpもダメになり・・・
Sambaは接続はできてもなぜかフォルダ内のファイルが表示されなかったり・・・orz
というわけで、改めてごちゃごちゃやめて1からやり直しを強行することにした。
①インストール
とりあえず、グラフィカルモードで、基本設定でいく。

 -パーティションは自動設定(いちお、確認はチェックしておいた)
 -パッケージは全部基本設定
 -プロトコルも、SSHのみチェック
 -SELinuxもとりあえず。Enforcingで挑む!

②画面がおかしいよ!
以前もそうだったんだが、画面がおかしい。
とりあえず、ML115のVGAは1024*768まではサポートしてたはず!
でも、設定すると画面のした半分が完全におかしくなる・・・
(なんか壊れたディスプレイのような状態になる)
たしか、以前なんらかの設定ファイルをいじってなおしたようなぁ・・・
とりあえず、ネットでしらべて
CentOS5の解像度を変更する
を、見つけたので、

SubSection "Display"
Viewport 0 0
Depth 24
Modes "640*480"

を1024*768に変更して、再起動をしてみる。
無事成功!
GUIモードでは、あまり使わないでおこうと思ってはいるのだが
困った時は、GUIのほうが便利なことがおおいので画面はきっちり表示されるに限る!
とりあえず、これで初期設定は完了だ!
さぁ、再挑戦!


ただ、GUIからシステム→管理→ディスプレイに入れなくなった・・・
まぁ、いいか・・・