SELinuxの基礎的な部分をまとめておこう。
以前、sambaがhttpがうまくいかなかった原因でもあるので
SELinuxについての覚書は役に立つかも・・・
SELinuxとは?

 Linuxのセキュリーティーを高める役割。
 SecureOSとかいうやつの一種らしい。
 細かなアクセス制御の一元管理が売り?

ポリシー
 一番大きなアクセス制御のルールをまとめたやつ。
 デフォルトはtargetedで、一番扱いやすいらしい。
 さらに強固なstrictや、mlsとかがあるらしい。細かな設定が必要になる。
セキュリティコンテキスト
 アクセス制御の情報が組み合わさっているもの。
 Ex) user_u:system_r:unconfined_t:SystemLow-SystemHigh
      ユーザー属性:ロール属性:タイプ(ドメイン属性):レベル
基本設定
 動作モード

enforcing – 有効 ルール違反はアクセス拒否
permissive – 有効 ルール違反は監視ログを残す。
disabled – 無効

起動時のモードの切り替え

設定ファイル(/etc/selinux/config)の
SELINUX=enforcing
を書き換える。

起動中の状態確認、切り替え

状態確認: 
 簡単表示: getenforce 
  詳細表示: sestatus
切り替え: 
permissive → enforcing: setenforce 1
enforcing → permissive: setenforce 0