Apacheの設定がとりあえず、できているみたいなので
続いて、Apache用のフォルダにクライアントからアクセスできるよう
WebDAVの設定を行う。
WebDAVを使うわけ

FTPのように別サーバーを構築する必要はない。
WWWサーバーのポートを利用するので、ポートを別に開く必要がない。
Windowsのエクスプローラからファイル操作ができる。
Sambaとちがいインターネット経由でも作業が可能

WebDAVサーバーの構築
CentOSでは標準で設定はされているが、無効になっているので有効にする。
設定ファイル(/etc/httpd/conf/httpd.conf)

WebDAVnoモジュール組み込み
 LoadModule dav_module modules/mod_dav.so
 LoadModule dav_fs_module modules/mod_dav_fs.so
ロックファイルの指定
 DAVLockDB <ロックファイル>
 # 複数のクライアントが同時に操作することが可能なため、ロックファイルを指定

ーーー更新予定
設定途中で挫折 OTL…..