PHPのフレームワーク、Laravelがずいぶんと人気らしいのでちょっと試してみることにしました。
composerを使って簡単に初期セットアップされた状態が作れるらしいので
自分のmacでhomebrewからcomposerいれて試してみたメモです。

homebrew-phpのインストール

$ ruby -e “$(curl -fsSL https://raw.github.com/mxcl/homebrew/go/install)”
$ brew tap homebrew/dupes
$ brew tap homebrew/versions
$ brew tap josegonzalez/homebrew-php
$ brew options php55
$ brew install php55

composerのインストール

$ brew install composer

Laravelのインストール

$ composer create-project laravel/laravel myprojectname –prefer-dist

エラーが発生・・・

Laravelインストール時のエラー

Mcrypt PHP extension required.
Script php artisan clear-compiled handling the post-install-cmd event returned with an error
どうやら、mcryptが足りていないようなので、mcryptをbrewでいれてみる。

ちなみに、実行したフォルダの中にmyprojectnameとvenderのフォルダができてしまっているので消しておく

rm -rf myprojectname
rm -rf vender

mcryptのインストール

$ brew install mcrypt php55-mcrypt

再度Laravelインストール

$ composer create-project laravel/laravel myprojectname –prefer-dist

問題なくインストールできた。

Webサーバーで確認

作成されたディレクトリのなかのpublicフォルダを
ApacheやNginxのドキュメントルートに設定してブラウザーから確認して
Laravelの初期表示がでてくればOK

インストール完了後初期画面

Laravelで開発していく準備ができたので早速開始しましょうかね。