MySQL

AWSのEC2でWordPressを移行するまでにしたこと。

2011-12-04 環境構築 , , ,

AWSでEC2を作成し、WordpressをこれまでのさくらのVPSから移行してきた。

その際に作業した内容をメモ。

1) EC2にインスタンスを作成

 

2) EC2のインスタンスのセットアップ

Apache, PHP,  MySQLのアプリケーション、PHPからMySQLへの接続extention

$ sudo yum -y install httpd
$ sudo yum -y install php
$ sudo yum -y install mysql
$ sudo yum -y install php-mysql

Rootのパスワード設定

$ sudo passwd root

サーバーのタイムゾーンの修正(デフォルトではUTC標準時になっているので日本になおす)

$ sudo cp /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime

 

3) RDSにMySQLを作成し、EC2から接続できるようにする 同時にさくらのVPSからもつながるようにしておく

 

4) さくらのVPSのWordpressのDBをEC2にコピー(ダンプ&リストア)

$ mysqldump -u VPS側のDBユーザー名 -pVPS側のパスワード DB名 | \
> mysql -h ENDPOINT -P 3306 -u AWSRDsのユーザー名 -pAWSRDsのパスワード AWSRDsのDB名

 

5) さくらのVPSでワードプレスのソースを圧縮

 

6) 圧縮したソースをSCPでコピーしAWSのEC2側で展開(さくらのVPSにはEC2の秘密鍵をあらかじめ設置しておく)

 

7) wp-config.phpを修正

// ** MySQL 設定 - こちらの情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のデータベース名 */
define('DB_NAME', 'RDsのDB名');

/** MySQL のユーザー名 */
define('DB_USER', 'RDsのDBユーザー');

/** MySQL のパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'RDsのパスワード');

/** MySQL のホスト名 (ほとんどの場合変更する必要はありません。) */
define('DB_HOST', 'RDsのENDPOINT');

 

8) ApacheにVirtualhostの追加

 

9) Apacheの再起動

 

10) blog.eumyang.netのDNS切り替え

 

とりあえずこの10ステップだけで今のところ動いている。S3を利用するなどは今後対応してみたい。

 

CentOS 5.5にPHP5.3.4とMySQL5.1をいれる

2010-12-31 CentOS, 環境構築 , ,

さくらのVPSを契約して使ってみるが、CentOSのリポジトリには、PHP5.1系しかおらず、ちょっと5.3系をつかってみたいので、epelとremiのリポジトリを追加して、アップデートすることにした。
ついでに、mysqlも5.1系にしてみた。

作業メモを残しておく。
RPMダウンロード用のディレクトリを作る

$ mkdir ~/rpm/

yumのリポジトリに、epelとremiを追加する

$ cd ~/rpm/
$ wget http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/x86_64/epel-release-5-4.noarch.rpm
$ sudo rpm -Uvh epel-release-5-4.noarch.rpm
$ wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-5.rpm
$ sudo rpm -Uvh remi-release-5.rpm

epelのリポジトリが初期が有効になっているので無効にしておく

$ sudo sed -i “s/^enabled=1$/enabled=0/” /etc/yum.repos.d/epel.repo

php5.3.4とmysql5.1へアップデート
初期にはいっているmysqlと衝突するので、mysqlは消しておく

$ sudo yum erase mysql
$ sudo yum –enablerepo=remi,epel install php mysql mysql-server

mysqlのセキュアな初期設定を行う
$ sudo /usr/bin/mysql_secure_installation

  • rootユーザーのパスワードを設定
  • 匿名ユーザーの削除
  • rootユーザーのリモート接続を禁止
  • testデータベースの削除

をまとめて行うことができる。